So-net無料ブログ作成

>>日本人が現地で作る本当のマヌカハニーがこれ<<
マヌカハニー 効能 胃腸疾患 ブログトップ

マヌカハニー 効能 胃腸疾患 ピロリ [マヌカハニー 効能 胃腸疾患]

マヌカハニーの効能は様々な胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクターピロリ菌に対して非常に高い有効性があることがわかっています。ピロリ菌が原因で、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが起こりますが、根本的な原因であるピロリ菌の除去を行わずに治療をした場合、その病状が再発するリスクが高まります。

逆にピロリ菌を除菌したうえで、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の手術をした場合の再発率は非常に低く、何度も胃腸疾患を再発していた人がピロリ菌を除菌しただけで再発しなくなったという医療データもありますので、その効果の高さがお分かりになると思います。

ただ医療機関で一般的に行われるピロリ菌の除菌を抗生物質で何度も繰り返すと、耐性菌を生み出すキッカケになったり、様々な副作用を引き起こす原因にもなりかねませんので、どの様な方法でピロリ菌の除菌を行うのかということが非常に大切になってきます。

その点、マヌカハニーを使用したピロリ菌の除菌の有効性は、世界各地で認められており、オセアニア地域や欧米ではピロリ菌の除菌と言えばマヌカハニーという考え方が一般的になりつつあります。

日本以外の先進国がそのように治療方針を転換してきていますが、日本では未だに抗生物質を使用した除菌だけが行われており、今後さらなる耐性菌の問題が引き起こされることが懸念事項の一つです。

ただピロリ菌の除去が胃腸疾患の再発リスクを引き下げることは間違いありませんので、ピロリ菌に感染している場合には、あなたに合った方法でピロリ菌の除菌を行われることをお勧めいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

マヌカハニー 効能 胃腸疾患 [マヌカハニー 効能 胃腸疾患]


マヌカハニーの効能は胃腸疾患にも効果的に作用すると考えられています。胃腸疾患の原因の一つにピロリ菌への感染があげられますが、ピロリ菌の対策には、マヌカハニーを口にすることが非常に効果的です。

臨床実験では、抗生物質を数年間投与しても治療できなかった胃腸疾患の患者さんにマヌカハニーを使用し始めたところ、短期間でその症状が改善したという報告もあります。

マヌカハニーは、悪玉菌を退治する作用がありますが、健康な善玉菌を攻撃することはなく、体に不要なものだけを排除できるので、免疫力や抵抗力を落とさずに本当に必要なことだけやってくれるのです。

これは一般的な抗生物質ではできない治療法であり、マヌカハニーなどの天然のはちみつだけが持つ作用なのです。しかもマヌカハニーを口にし続けても耐性菌を生むこともないために、非常に安全に胃腸疾患からの回復を図ることができます。

もし胃腸疾患が気になる際には、朝起き掛けに少し多めのマヌカハニーを口にしてその後、横になってゴロゴロと胃の壁にマヌカハニー広げるイメージで身体を動かし、30分ほど放置することを日々やり続けるとより効果的に胃腸疾患を回復させることができます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
マヌカハニー 効能 胃腸疾患 ブログトップ