So-net無料ブログ作成

>>日本人が現地で作る本当のマヌカハニーがこれ<<
マヌカハニー 効能 成分 ブログトップ

マヌカハニー 効能 メチルグリオキサール [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーの効能の高さは、マヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールの含有量で変わってきます。このメチルグリオキサールという成分は、マヌカハニーの殺菌作用のことで、この含有量が多いほど高い効果が期待できるものです。

メチルグリオキサールは天然物質の中ではマヌカハニーに最も大量に含まれてることがわかっており、通常の蜂蜜に比べると100倍以上ものメチルグリオキサールを含んだマヌカハニーもあるほど含有量に大きな違いがあるんです。

通常の蜂蜜の殺菌力はオキシドールと同じ過酸化水素です。その反応には酸素が必要なこと、それと体内に入るとカタラーゼ酵素の働きで分解されてしまい殺菌力を失ってしまうという特徴がありますが、メチルグリオキサールの場合には酸素も不要で、カタラーゼ酵素でも分解されないという特徴があります。

だから体内でもその強い殺菌力を維持できるわけです。その結果体内にとって不要な細菌やウイルスなどをどんどん死滅させることができるんです。このメチルグリオキサールの殺菌力は、副鼻腔炎の原因菌などに対しては抗生物質よりも高い効果があることがわかっており、世界の医療現場では副作用の無い除菌方法として採用されています。

そんなマヌカハニーのメチルグリオキサールですが、ストロングマヌカハニーに最も多く含まれていることがわかっています。ストロングマヌカハニーのメチルグリオキサールの含有量は一般的にニュージーランドで処方される医療用のマヌカハニーの11倍も高濃度なんです。

だから様々な細菌やウイルスを死滅させることができると非常に高い人気があります。実際にがん治療や再発予防、ピロリ菌の除菌治療などに用いられていたり、声優や歌手が喉のケアにストロングマヌカハニーを愛用したりと様々なところで重宝されています。


>>世界最強のストロングマヌカハニーの詳細を今すぐにチェックする!



マヌカハニー 効能 基準 [マヌカハニー 効能 成分]

効能のあるマヌカハニーの基準ですが、UMFかMGOという規格のマヌカハニーをまずは選ぶことです。マヌカハニーには、他にもTAやMG、MGSやNPAなどの規格がありますが、UMFやMGO以外はかなり独自規格に近いものだと思ったほうが良いです。

そもそもUMFとはニュージーランド政府が主体でマヌカハニーを守るために作った基準で、UMFHA(UMFマヌカ協会)というところに加盟している企業しか使うことができません。これがマヌカハニーの公式な基準です。

それとMGOとは、マヌカハニーに含まれる殺菌成分であるメチルグリオキサールの含有量を示していますのでその量で効果を知ることができます。

効能があるマヌカハニーは、UMF10+以上のものです。それ以下のものにはマヌカハニーの持つ本来の効能を実感できないレベルの商品である可能性が高いです。実際にニュージーランドの病院で処方されるマヌカハニーもUMF10+以上のものです。

一般的にはUMF20+以上であれば更に高い効果や効能が期待できます。個人的にはUMF25+かそれ以上のストロングマヌカハニーがおすすめですが、先ずはもう少し低い濃度のマヌカハニーから初めてみても良いかもしれません。

何れにしてもマヌカハニーの効能を求めるのであれば、UMFかMGOを選ぶことが基本であるということは忘れないで下さい。更にUMF10+(MGO100+)以上のものを選ぶことで医療効果を実感できるようになりますので、ぜひマヌカハニー選びの際の基準として覚えておきましょう。


マヌカハニー 効能 危険性 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーの効能に危険性があるのではないか?というマヌカハニー否定派の人もいますが、個人的にはそうは思いません。

まずニュージーランドの研究機関が摂取量に関する検証を行っています。その際に1日小さじ4杯程度であれば、約1ヶ月摂取し続けても健康被害がないことがわかっていますし、ニュージーランドでは危険性が無いものと考え、普通に医療機関で処方薬として患者にマヌカハニーを処方しています。

その患者さんに対して何か重篤な危険性があった事実があるのであれば、ニュージーランドの医療機関で現在も処方され続けているということもないと考えれば、マヌカハニーに対する危険性があるのではないか?という考え方は誤りの可能性があると思えるとも思います。

少しマニアックな話をすると、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、以上細胞や有害細胞に対しては毒性の高い物質ですが、健康な細胞や有益な細胞にはその毒性が働かないのです。

正常な細胞の場合、酵素グリオキサラーゼを作り出すことができ、この成分がメチルグリオキサールを無毒化することが出来るのです。逆に有害細胞では、メチルグリオキサールを無毒化するまでの酵素グリオキサラーゼを作ることが出来ないために、メチルグリオキサールの攻撃によって死滅してしまうのです。

メチルグリオキサールはマヌカハニー以外の食べ物にもごく微量が含まれていますので、もしメチルグリオキサールが危険性が高いとするならば、そういった食べ物も同様に危険性が高いものと考えられますが、全くそういったこともありませんので、やはりどう考えても危険性が高いものとは思えません。

マヌカハニー 効能 ハチミツ 殺菌作用 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーの持つ効能の一つに他のハチミツよりも強い殺菌作用があります。この殺菌作用があることがマヌカハニーが人気の秘密なのですが、この殺菌作用は本当にレベルが違うのです。

今少し、のどがイガイガするので、マヌカハニー以外のハチミツを舐めているのですが、一向に回復しません。ちょっとマヌカハニーを自宅において旅行に出てしまったために現地でハチミツを購入して舐めるものの、全く改善の兆しがないのです。

これがもしマヌカハニーであれば、翌朝には喉の症状も気にならなくなり、風邪っぽい感じもなくなるのですが、やはりそういう訳にはいかないようです。その理由は簡単で、普通のハチミツの殺菌作用は体の中に入るとカタラーゼ酵素の働きで分解されてしまうのです。

つまりはもどんなハチミツでもある殺菌作用が大幅に下がってしまうのです。その分大量に摂取すればカロリーオーバーにもなりますし、マヌカハニーほどの殺菌力は元々期待できないのです。本当にこればかりはどうにもならないですよね。

ここ数日でマヌカハニーのケタ違いの殺菌作用を待た実感しています。本当に持ってくれば良かったと反省しまくりです。皆さんもまだまだ寒い時期が続きますし、風邪予防になにか良い対策を考えられているようでしたら、本当にマヌカハニーはお勧めです。

私がこれは身を持って体験していますので、本当に安心してマヌカハニーを購入されると良いと思います。

マヌカハニー 効能 紹介 去年 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーの効能については当ブログでもいくつも紹介してきましたが、去年購入したマヌカハニーでも十分にその効能を期待することが出来ますので、そこはご安心ください。

通常のはちみつの賞味期限は約2年と短いのですが、マヌカハニーの場合成分が安定していることと、その強い殺菌作用のお陰で賞味期限は5年間もあるのです。ですから去年買ったけどそのまま放置していたようなマヌカハニーでも十分に効能を期待することができます。

そういった意味でもその殺菌作用の強さに驚かされますよね?だって通常のはちみつの2.5倍も賞味期限が長いのです。つまりそれだけマヌカハニーの中で雑菌が繁殖することが困難であるということが正式に認められているわけです。

私の場合は、賞味期限を待たずして1ヶ月ほどで一瓶あけてしまうので、味の変化はわかりませんが、友人に聞いたところ去年のものでも全くもって味は変わっていなかったとのことですので、安心して口にされても大丈夫だと思います。

私からすれば、なぜ去年のマヌカハニーが残っているのかわかりませんが、必要な時だけ薬のように摂取する人からすれば、普通の事なのかもしれませんね。それと毎年マヌカハニーのあらたな効能が紹介されいくので、どんどん使う人が増えてきてちょっと困ります。

あまりにも増えすぎると値段が上がる気がするんですよね。元々採取量の少ないマヌカハニーですから、個人的には今後の値段の推移も少し気になっています。世界的に需給が逼迫していますので、これ以上の値上がりは避けてもらいたいものです。

マヌカハニー 効能 各社 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーで一番効能が高いのって、各社がこぞってアピールしているのでどれが一番なのか?素人にはわかりにくいですよね。高いものは良い物と考えると、値段の良い物を買えば効能が一番なのかなと思ってしまいがちですが、実は各社ともに書いているマヌカハニーの効能には、世界的な基準がいくつかあるのです。

その代表格がUMF(ユニークマヌカファクター)やMGO(メチルグリオキサール)の2つです。これはそれぞれ専門の検査機関がマヌカハニーの成分を均一的にチェックする為に用いているもので、その数値が高いほど、マヌカハニーの持っている効能が強くなるんです。

いま世界で一番高い効能が期待されているのが、ストロングマヌカハニーです。一般的に医療用に使用されるマヌカハニーのUMFの値は、UMF10+という水準で、ニュージーランドでもUMF20+の商品は全生産量の1%ほどと言われています。

しかしこのストロングマヌカハニーは、なんとUMF39+とほぼ4倍の効能が期待できるのです。だから重篤な病気(癌や感染症)の人にはこのストロングマヌカハニーが一番なのです。ホント高齢者を中心に愛用者が多く、このストロングマヌカハニーは天然モノなので、取れない年や濃度がそこまで高まらない年もあるなど非常に品薄の状態なんです。

値段もそこそこしますが、UAEの大学の研究結果でマヌカハニーのがん細胞抑制効能も認められていますので、もし身内に癌で苦しむ人がいらっしゃれば使ってもらいた一品です。数万円でがん細胞の抑止力と抵抗力の回復ができると考えれば、そこまで高くないですし、医療費控除などを上手く使うことで医療費として計上することも可能かもしれませんね。

世界一のマヌカハニーは日本人の手で作られていたという事実に驚きましたけど、やっぱり日本人って凄いなぁ〜と再確認できました。



>ストロングマヌカハニーの詳細をチェックしてみる<

マヌカハニー 効能 特別 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーの効能はマヌカハニーが持つメチルグリオキサールという成分の含有量で特別な殺菌作用や抗菌作用があるのです。このメチルグリオキサールは蜂蜜の中ではマヌカハニーだけに含まれや特別な成分なのです。

その為、マヌカハニーの中でもこの特別な効能を持つ濃度のものは、全体の2割ほどしか取れず、非常に珍しく希少性の高いことで世界的にも知られています。

マヌカハニーの様々な効能はメチルグリオキサールが体内に入った時にカタラーゼ酵素の影響を受けず、その殺菌作用を持続し続けることで作用するのです。通常の蜂蜜や食べ物の中に含まれている殺菌作用は、全てカタラーゼ酵素の影響を受け、体内に入った時にぶんかいされてしまいます。

つまりどれだけ強い殺菌作用や抗炎症作用があっても、それが機能する前に分解されてしまうので、体内では無意味な存在になってしまいます。そうならないメチルグリオキサールを高濃度で含むマヌカハニーだからこそ、世界的にも認められた特別な効能が期待できるのです。

日本人の感覚からすれば、蜂蜜にそこまでの効果が期待できるの?と思うかもしれませんが、ニュージーランドを始め欧米では、蜂蜜による治療が一般的に行われていますので、そこまで珍しいものではないのです。

最近では日本人でもマヌカハニーの持つ特別な効能に目をつけた人が購入する機会が増えていますが、世界的にも偽物が多く流通しているマヌカハニーですので、信頼できるメーカーのものを信頼できる場所で買うことが一番大切なことです。

マヌカハニー 効能 成分 [マヌカハニー 効能 成分]

マヌカハニーには様々な効能がありますが、その成分構成はどうなっているのか?マヌカハニーの成分組成表を元にどのようなものが含まれているのか?考えてみたいと思います。マヌカハニーも商品によって異なりますので、その点は最初にご理解ください。

今回のマヌカハニーの成分は、ニュージーランド産のワイテマタハニー社のマヌカハニーUMF20+の100gあたりの成分組成表です。

エネルギー量 304Kcal、水分 17.1g、果糖 38.5g、ブドウ糖31.0g、甘味料 7.2g、蔗糖 1.5g、ビタミンB1 0.006mg、ビタミンB2 0.06g、ビタミンB3 0.36g、ビタミンB5 0.11g、ビタミンB6 0.32g、ビタミンC 2.2〜2.4g、カルシウム4.4〜9.2g、銅 0.003〜0.1g、鉄 0.06〜1.5g、リン 1.9〜6.3g、マグネシウム 0.02〜0.4g このような感じになります。

数字だけ並べてもよくわからないですよね。でも大切なことは、様々な成分がバランス良く入っていることです。天然の食品でたった一つのものでここまでバランス良くビタミンやミネラルが含まれており、抗菌作用・殺菌作用に優れているのはマヌカハニーだけなのです。

しかもマヌカハニーの抗菌成分は、カタラーゼ酵素でも分解できないものなので、ハチミツの中でも他のものに比べて非常に効果が高いのです。

マヌカハニー 効能 成分 ブログトップ